脈拍で判断する不整脈かどうか?

不整脈の判断方法

・心電図 異常所見

・心拍数 成人100回/分以上、50回/分未満

不整脈とは、病名ではなく心拍の乱れている状態のことを指します。

心臓が正しいリズムで脈を打つことが出来るのは、心臓に収縮を伝える電線のような物があるからです。この働きが行われなくなったり、心臓の壁の動きが悪くなる事が不整脈となります。

不整脈にも色々あり、脈打つ回数による不整脈とリズムが狂う不整脈があります。100回/分以上を頻脈、50回/分未満を徐脈と言います。このような不整脈による病気は、洞性頻脈や洞性徐脈、発作性上室性頻拍や完全房室ブロックなどがあります。一方、リズムが狂う不整脈による病気は、洞性不整脈や洞房ブロック、期外収縮や心房細動などがあります。

予防・改善法

  1. メタボリックシンドロームを予防
  2. 自主的に脈拍測定
  3. 心臓病や腎臓病は治療する
  4. 血圧を適正に保つ
  5. ストレスを避ける

関連記事

  1. 【ダイエット】朝ご飯で決まる、太らない人の特徴3選

  2. 花粉症で「頭痛・咳」を抑える方法【食事編】

  3. 水分補給の目安量とおすすめ飲み物

  4. プロテインとは?必要性から目安量まで徹底解説

  5. 貧血で倒れたら鉄分だけじゃない

  6. 体脂肪の種類を理解して、ダイエットを成功させよう