体脂肪の種類を理解して、ダイエットを成功させよう

こんにちは。

本日は「体脂肪の種類」についてお届けします。

体脂肪の種類は何種類あるの?

答えは2種類です。

体脂肪はたったの2種類しかありません。
みなさんも聞いたことがあるかと思います。

内臓脂肪と皮下脂肪になります。
これら2つは、誰しもが持っている脂肪になります。
それぞれ違う部位に蓄積され、役割など異なる点がございます。

内臓脂肪とは?

身体の腹部に蓄積される脂肪のことを指します。お腹だけ大きく前に出ているタイプは内臓脂肪が蓄積されているタイプです。
脂肪全体の2割を占めており、中年男性に蓄積されやすい脂肪となります。
皮下脂肪に比べて、糖尿病や脂質異常症と言った危険因子でもあります。脂肪肝を生じさせる原因でもあるため、健康に害を与えやすい脂肪の種類でもあります。
ただ、皮下脂肪と比べて、ダイエットをした際に脂肪の分解がされやすくエネルギにーされやすいため、比較的落ちやすい特徴がございます。そのため、一般的に男性の方が、同期間でのダイエットを行った際に落ちやすいことが考えられます。

皮下脂肪とは?

皮膚の表面に蓄積される脂肪のことを指します。お腹などの皮膚を摘んだ際に皮膚に厚みがある際は、皮下脂肪が多いと言えます。脂肪全体の8割を占めており、女性に蓄積されやすい脂肪となります。内臓脂肪に比べて健康への害は少ないもの、ダイエットをした際に、分解に時間が掛かり、エネルギーになりにくいため、比較的落ちにくい脂肪となります。女性が男性と比べて体脂肪の落ち幅が少ない1つの要因でもあります。

脂肪は本当に要らないのか?

みなさん、ダイエットや健康の為にご覧なられているので他しぼうを減らしたい方がほとんどだと思います。
ただ、ダイエットに成功していった際に、覚えておいて欲しいことがあります。
体脂肪は体を動かすための貯蓄エネルギーであり、外部からの衝撃からも守ってくれる役目があります。
内臓脂肪は、内臓を衝撃から守るための役割があり、早急なエネルギーの補給に必要です。
皮下脂肪は、骨などを衝撃から守る為の役割があり、貯蓄に優れたエネルギーでもあります。
そのため、体脂肪を削って行くことも良いですが、なんでもやりすぎは良くないことを覚えておいて頂けたらと思います。
特に女性の方は、妊娠などのイベントの際にお腹の赤ちゃんを守るために、ある程度の脂肪をつけておく事をお勧めいたします。

関連記事

  1. 【ダイエット】朝ご飯で決まる、太らない人の特徴3選

  2. 【40代】太りやすい特徴〜その1〜

  3. ズバリ、ダイエットで停滞する理由はコレだ!!

  4. 便秘を解消したいあなたへ

  5. 足だけ痩せないホントの理由を教えます〜part2〜

  6. 脈拍で判断する不整脈かどうか?