【コロナ太り】悩んでいるあなたに必見!

こんにちは!

皆さんの中には、自宅勤務や外出自粛による「コロナ太り」に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
そんな方に今回は「コロナ太りリセット方法」をお伝えさせて頂こうと思います。

○水分をとる
水を飲むことで血液がスムーズに流れ、栄養素や酵素を運ぶ働きで代謝が上がりやすくなり、老廃物を排出してくれます。また、体温調節・新陳代謝をスムーズにする働きもあります。目安量としまして、1日男性3ℓ以上、女性2ℓ以上をとって行きましょう。お茶やコーヒーも可能ですが、カフェインが含まれているため、おすすめはお水です。常温、炭酸水、白湯は構いません。

○野菜とタンパク質をとる
気づいてみたら野菜やお肉、お魚、大豆製品を食べる機会が減っていませんか?それぞれの1日の目安摂取量として野菜は350g(毎食両手のひらサイズ)、タンパク質は体重×1〜1.2gと言われています。

「野菜」には、ビタミン・ミネラル類が含まれています。他で摂取する炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を効率よく上げてくれる働きがあり、脂肪をためにくい体づくりに繋がります。不足になってしまうと、生活習慣病や便秘になりやすくなったり、肌荒れや自律神経が乱れやすくなる事が考えられます。特に女性はホルモンバランスが乱れやすくなっているため、尚更摂取する事が大切になります。
「タンパク質」には、筋肉や肌、髪、爪、体内のホルモンバランス、免疫物質などを作ってくれう働きがあります。不足になってしまうと、筋肉がつかず代謝が悪くなる事でダイエットが上手くいかなかったり、怪我や病気になりやすくなる事が考えられます。また種類としてお肉、お魚、卵、納豆など多くの種類がありますので、偏りが出ないようにそれぞれとっていけると尚良いタンパク質の取り方に繋がります。
炭水化物中心になってくると、自然とこの2つが少なくなってきます。1食だけでなく毎食摂取できるように意識していく事をお勧めします。

○軽い運動
体を動かす事で、基礎代謝が上がり体が燃えやすくなります。体を動かす頻度が減ってくると、1日に動く「消費カロリー」より「摂取カロリー」が自然と増え、筋肉量も低下していき脂肪のつきやすい体や血糖値の数値が高かったり、ストレスもたまりやすくなります。
まずは体を動かす意識として、階段を使ったり、普段より1~2駅分歩くことだけでも消費カロリーは変わってきます。慣れてきたら、自宅でトレーニングを行ってみたり、時間を作ってウォーキングやジョギングにチャレンジしてみることをお勧めします。            

という事で本日は「コロナ太りリセット方法」をお話しさせて頂きました。
基本的なことかもしれませんが、意外とこの基本ができている方が少ないものです。
まずは規則正しい生活リズムを整え、そして習慣化して行きましょう。

とは言っても、何を食べて良いのか分からない、これは食べてもいいの?など疑問がある方は、オンライン食事管理サービスをご利用していただけたらと思います。
プラスα何かするのは、さらに自分磨きにも繋がります。

私たちと一緒に夏に向けて頑張ってみませんか?

関連記事

  1. 足だけ痩せないホントの理由を教えます〜part1〜

  2. 失敗しやすいダイエットの特徴3選

  3. マラソンやトライアスロン向けの上手な糖質の摂り方

  4. ズバリ、ダイエットで停滞する理由はコレだ!!

  5. 足だけ痩せないホントの理由を教えます〜part3〜

  6. 【40代】太りやすい特徴〜その1〜