脂肪が燃えやすい有酸素運動のタイミング2選

こんにちは。

浅草橋・蔵前にあるパーソナルトレーニングジムを営業しておりますHIGH-GRADE GYMの坂口です。

有酸素運動とは、酸素を使って「脂肪」を燃やしてエネルギーを作ります。長時間続けられる軽~中程度の負荷の運動を指します。 代表的なものは水泳やジョギング、サイクリングや縄跳びなど。ウォーキングも立派な有酸素運動です。室内でもできるものでは、足踏みや踏み台昇降などが有酸素運動です。

では、これらの有酸素運動をいつどのタイミングで行えば良いかまとめてみました。
ぜひご参考にしてみてください。

1.筋力トレーニング後

筋力トレーニング後は成長ホルモンという脂肪燃焼を促進させるホルモンが分泌いたします。このホルモンが分泌されている際に有酸素運動を行うことで通常よりも効率的に脂肪を燃やすことができます。

2.空腹時

空腹時はエネルギー回路の一つであるミトコンドリアが活性化されやすく、分解された脂肪がエネルギーに変わりやすいタイミングです。
又、空腹時はアドレナリンというホルモンが分泌されます。このホルモンは脂肪分解に役立つホルモンとなっており、脂肪の燃焼を促進いたします。
ただ、空腹時で気をつけたい点といたしまして、空腹時は脂肪が分解されやすい他に筋肉も分解されやすいタイミングです。筋肉の分解が起こると代謝が低下してしまい痩せにくい身体になります。

以上が脂肪が燃えやすい有酸素運動のタイミングです。

ただひたすらに運動にして食事制限して体脂肪を落とすよりも、効率良い方法でストレスなく体脂肪燃焼していけたらと思います。

HIGH-GRADE GYMではダイエットを終えたでも、リバウンドせずに更に1つ上の身体になれるようにもサポートしております。

気になる方は浅草橋・蔵前にあるパーソナルトレーニングジムであるHIGH-GRADE GYMへお待ちしております。

関連記事

  1. 【ダイエット】痩せる食事の傾向5選

  2. 足だけ痩せないホントの理由を教えます〜part2〜

  3. 糖質制限ダイエット後に食べていい炭水化物とは?

  4. 【コロナ太り】悩んでいるあなたに必見!

  5. 浅草橋・蔵前でジムに通うならどこにする?

  6. 糖尿病のダイエットは、糖質量をどのくらいまで制限するべき?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。