糖尿病のダイエットは、糖質量をどのくらいまで制限するべき?


こんにちは。

浅草橋・蔵前にあるパーソナルトレーニングジムを営業しておりますHIGH-GRADE GYMの坂口です。

今回は糖尿病のダイエットにおいて糖質量をどのくらいまで制限するべき?を紹介いたします。

1.糖尿病でも糖質制限をして大丈夫か?

結論、大丈夫です。糖尿病は炭水化物から摂取した糖質を脂肪に変えることができない状況であります。もし痩せたいのであれば、まずは糖尿病の改善に励むことから始めましょう。

2.糖尿病を改善するには?

インスリンが出やすい状態にする必要があります。そのために行わなくてはいけない事は、筋力トレーニングになります。本来、人間の身体は糖質を摂取した後に血糖値が上がり、インスリンというホルモンで血糖値を下げて正常に保ちます。ただ、糖尿病の場合、インスリンが働かず血糖値を下げられないもしくは血糖値を下げにくい状態であります。では、どのように血糖値を下げるかというとインスリン注射や薬もしくは筋力トレーニングになります。後者の筋力トレーニングは注射や薬に頼らず、健康的に血糖値を下げることができます。

3.糖質量はどのくらいか?

これは個人差もあるため、必ず担当のお医者さまの元に聞いてみましょう。担当のお医者様でしたらどの程度までは減らして大丈夫か回答して頂けるかと思います。ただ、必ずしもお医者様の回答が絶対ではございません。現段階で糖質量の設定を決められる者が、基本的にはお医者様しかおりませんので必ず掛かりつけ医にご相談くださいませ。間違っても勝手に行い症状を悪化させないようにだけお気をつけくださいませ。

HIGH-GRADE GYMではダイエットを終えたでも、リバウンドせずに更に1つ上の身体になれるようにもサポートしております。

気になる方は浅草橋・蔵前にあるパーソナルトレーニングジムであるHIGH-GRADE GYMへお待ちしております。

関連記事

  1. トレーニング原則〜個別性〜

  2. 新御徒町駅から電車で徒歩14分の浅草橋〜蔵前間にあるパーソナ…

  3. 脂肪が燃えやすい有酸素運動のタイミング2選

  4. トレーニング原則〜反復性〜

  5. コーヒーで痩せると聞きましたが本当ですか?

  6. トレーニングの原理〜過負荷〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。