トレーニングの3つの基本原理〜過負荷〜

「過負荷の原理」とは、筋肉を鍛える上で重要な原則の1つです。
初心者の方でも理解しやすく、実践することでより効果的な筋トレができるようになります。
この記事では、過負荷の原理について詳しく解説します。

過負荷の原理とは?

「過負荷の原理」とは、トレーニングを行う上で必要な原則の一つで、身体に負荷をかけることで筋肉を刺激し、筋力や筋肥大を促進するというものです。

つまり、簡単に言うと、筋肉を成長させるためには、現在の筋肉に対してある程度の負荷をかけ、それに適応して成長させる必要があるということです。この原理に基づいて、トレーニングにおいては、適切な負荷をかけて、筋肉に刺激を与え、徐々に負荷を上げていくことが重要です。

適切な負荷とは、個人の能力や目的に合わせて調整された負荷のことで、負荷が不十分だと効果が得られないし、逆に負荷が大きすぎると怪我の原因となります。

初心者でも理解しやすいように、具体例を挙げると、重量トレーニングでは、重りを少しずつ増やしていくことで過負荷を作り出し、筋肉を刺激します。また、有酸素運動でも、時間や距離を徐々に増やしたり、インターバルを短くしたりすることで、適切な負荷をかけることができます。

過負荷の原理を理解し、適切な負荷をかけることで、より効果的なトレーニングができるようになります。ただし、負荷をかけることが全てではなく、正しいフォームや呼吸法、栄養バランスの良い食事なども重要なポイントとなります。

HIGH-GRADE GYMではダイエットを終えたでも、リバウンドせずに更に1つ上の身体になれるようにもサポートしております。

気になる方は浅草橋・蔵前にあるパーソナルトレーニングジムであるHIGH-GRADE GYMへお待ちしております。

関連記事

  1. 浅草橋・蔵前でジムに通うならどこにする?

  2. ダイエット中に有効!運動前後のエネルギー補給に糖質がおすすめ…

  3. ジムの筋トレ時間は『1回:30〜60分』がベスト!?|理由と…

  4. 【眠れないを改善】筋トレ後に寝れない原因と対策方法を紹介!

  5. 【トレーナー監修】筋トレ・ジム初心者におすすめなメニューの組…

  6. トレーニングの3つの基本原理〜特異性〜