トレーニング原理〜可逆性〜

こんにちは。

浅草橋・蔵前にあるパーソナルトレーニングジムを営業しておりますHIGH-GRADE GYMの坂口です。

今回はトレーニング原理のうち可逆性の原理を紹介いたします。

1.可逆性の原理

これはトレーニングや運動をやめたら筋肉や運動器、循環器などの機能は低下していくことを表します。これはイメージしやすいかと思います。
筋トレを行い、その時についた筋肉が半永久的に残ることはございません。トレーニングをやめた途端にどんどん低下してしまいます。
又、ディトレーニングと言ってトレーニングを2週間行わないと筋肉を大幅に下がると言われております。

2.どうすれば良いか?

簡単にまとめれば「運動は続けましょう」
今まで行ってきたトレーニング効果を無駄にしたくはないですよね?
トレーニングで得られる効果を感じ続けるには、継続的なトレーニングを行いましょう。
また、継続的なトレーニングは1週間は空かないようにすることが重要です。ご自身で継続してトレーニングを行う自信がない場合や続かないことを実感された方は、定期的なメンテナンスのようにトレーナーに見てもらうようにするとトレーニングを辞めることなく続けやすいかと思います。

HIGH-GRADE GYMではダイエットを終えたでも、リバウンドせずに更に1つ上の身体になれるようにもサポートしております。

気になる方は浅草橋・蔵前にあるパーソナルトレーニングジムであるHIGH-GRADE GYMへお待ちしております。

関連記事

  1. トレーニング原則〜全面性〜

  2. 足だけ痩せないホントの理由を教えます〜part1〜

  3. 下半身を鍛える!『自重スクワット』を効果的に行う方法

  4. 猫背にお悩みの方へ

  5. 浅草橋・蔵前でジムに通うならどこにする?

  6. なぜ筋トレには炭水化物(糖質)が必要なのか