トレーニング原則〜個別性〜


こんにちは。

浅草橋・蔵前にあるパーソナルトレーニングジムを営業しておりますHIGH-GRADE GYMの坂口です。

今回はトレーニング原則のうち個別性の原則を紹介いたします。

1.個別性の原則

こちらはトレーニングを行う性別や年齢、体力レベル、生活環境、性格、運動への志向・経験年数など個人の特性を理解してトレーニングの実施を心がけましょう。
例えば最近の知見により持久運動では、最大酸素摂取量の測定法が確立され、正確な運動強度が個人に相対的に与えられるようになりました。又、筋力測定でも同様に筋力レベルや運動時間によって目標の効果が狙えるようになりました。

2.どうすれば良いか?

簡単にまとめれば「自分に合ったトレーニング習慣を見つけましょう」
まず分かりやすく言えば男性と女性では、トレーニング時に扱う平均重量が異なります。又、20代と70代でも行える運動強度は変わってきます。それ以外では、トレーニングできる時間帯などもそれぞれ職種が異なれば置かれている環境も違うため、それらに合わせた自身に合うトレーニング方法を探していく必要があります。

HIGH-GRADE GYMではダイエットを終えた方でも、リバウンドせずに更に1つ上の身体になれるようにもサポートしております。

気になる方は浅草橋・蔵前にあるパーソナルトレーニングジムであるHIGH-GRADE GYMへお待ちしております。

関連記事

  1. 脂肪が燃えやすい有酸素運動のタイミング2選

  2. トレーニング原則〜意識性〜

  3. 両国から電車で約3分の浅草橋〜蔵前間にあるパーソナルトレーニ…

  4. トレーニング原則〜全面性〜

  5. 筋トレを辞めた際に起こるデメリット3選

  6. 新しいマシンが導入されました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。