HIGH-GRADE GYMのトレーニング風景です

こんにちは!
HIGH-GRADR GYMの坂口です。
今回は、取材に来て下さったお客様のトレーニングの様子をご紹介いたします。

トレーニング内容はお客様によって種目が変わります。
この日のお客様は…上半身強化
ということで「胸、肩、二の腕」を中心としたトレーニングをご案内いたしました。

上半身トレーニングメニュー

ベンチプレス

回数とセット数

初めにウォーミングアップ「10kg×10回」
ここでは、いきなり重量を持って怪我をしないための予防、その部位を使っているか動作確認を行います。
次にメイン「15kg×15回×3セット」
15回上げ切れるように補助も行なっていきます。

メリット

ベンチプレスでは、胸を使うためバストアップに繋がります。
また、二の腕の裏も使用するため引き締め効果にも繋がります。

サイドレイズ

回数とセット数

ウォーミングアップ「両サイドにダンベル2.5Kg×10回」
メイン「1セット目2.5Kg×15回、2セット目3.5Kg×15回、3セット目3.5Kg×12回」
15回を目安にその重さでできたら、次の重さに上げていきます。
15回ギリギリできる重さを中心に組み合わせていきます。

メリット

サイドレイズでは、肩の横の筋肉を刺激するため、肩周りをスッキリさせる効果があります。
また、周辺の血行も良くなるため肩こり予防や解消につながる期待もございます。

フロントレイズ

回数とセット数

ウォーミングアップ「プレート2.5Kg×10回」
メイン「5Kg×15〜20回×3セット」
補助がない場合には、キツくなったところから+3回目安に行なっていくと更に効かせることができるので消費量アップや引き締め効果に繋がります。

メリット

フロントレイズでは、肩の前の筋肉を刺激していきます。
横だけでなくバランスよく見せるためにも、前側にも刺激を入れ肩周りをさらにスッキリ見せるために大切な部分となります。

トライセプスプッシュダウン

回数とセット数

ウォーミングアップ「10Kg×10回」
メイン「15Kg×15〜20回×3セット」

メリット

トライセプスプッシュダウンでは、二の腕の後ろを刺激していきます。
初めにベンチプレスも行っているため、一度刺激が入り使っている感覚が感じやすくなっています。
二の腕の引き締め効果にはとても有効なおすすめの種目です。

人によって効き方や感じ方が変わるので、アップの方法や重量、回数、セット数も調整して行なっています。
一回50分間の中で、動かしたい部分にしっかりと効くことがとても重要です。

また、お客様の中で
「自宅ではどのようなことをしたら良いの?」
という質問が多いです。
もちろん自宅でも、できるようなメニューをご案内しております。
ジムだけでなく、自宅でトレーニングができると結果も出やすくなりますよね。

初めてのトレーニングの方でも無理のない範囲で、日常に取り入れやすいことをサポートしております。
ぜひ一度体験にお越しくださいませ!

前回のブログはこちらhttps://highgradegym.com/2021/10/06/くびれの作り方/

関連記事

  1. 太るためにパーソナルジムに通うのはアリですか?

  2. 両国から電車で約3分の浅草橋〜蔵前間にあるパーソナルトレーニ…

  3. 平井駅から電車で約2分の浅草橋〜蔵前間にあるパーソナルトレー…

  4. 本所吾妻橋から電車で約8分の浅草橋〜蔵前間にあるパーソナルト…

  5. 『浅草橋を歩く』 様にご紹介いただきました!

  6. 新しいマシンが導入されました