トレーニング原則〜全面性〜


こんにちは。

浅草橋・蔵前にあるパーソナルトレーニングジムを営業しておりますHIGH-GRADE GYMの坂口です。

今回はトレーニング原則のうち全面性の原則を紹介いたします。

1.全面性の原則

筋力トレーニングなどのエクササイズは身体全体に広く効果を得ることができます。そのため比較的局所の運動であっても、その他の多くの筋肉や運動器、抹消神経や中枢神経、呼吸器や循環器系、臓器にも関与し効果が得られます。
さらに身体中の多くの筋肉を動かすことでバランスの取れた身体作りを目指すこともできます。

2.どうすれば良いか?

簡単にまとめれば「全身を動かしましょう」
トレーニング始めは何していいか分からないこともあるかと思います。ただ、腹筋を割りたいからと言って腹筋だけを鍛えるだけでなく他の筋肉も動かしていく方が効率良く腹筋が見えることもあります。例えばバーベルを担いだスクワットでは腹圧といってお腹を引っ込める腹横筋や横隔膜にも刺激し、くびれを作りやすくなることもあります。
発育期や高齢期では心身の機能の調和に留意しトレーニングすることが重要になります。

HIGH-GRADE GYMではダイエットを終えたでも、リバウンドせずに更に1つ上の身体になれるようにもサポートしております。

気になる方は浅草橋・蔵前にあるパーソナルトレーニングジムであるHIGH-GRADE GYMへお待ちしております。

関連記事

  1. 脂肪が燃えやすい有酸素運動のタイミング2選

  2. 筋トレは毎日やってもいいの?|浅草橋パーソナルジム|HIGH…

  3. 猫背にお悩みの方へ

  4. マラソンやトライアスロン向けの上手な糖質の摂り方

  5. 筋トレを辞めた際に起こるデメリット3選

  6. なぜ筋トレには炭水化物(糖質)が必要なのか