ズバリ、ダイエットで停滞する理由はコレだ!!

みなさん、こんにちは!

今回のテーマは「ダイエット中の停滞理由」

についてお話ししたいと思います。

これから書くことは、私が今まで担当したお客様の停滞あるあるでもございます。 つまり、ダイエットの停滞理由のほとんどはこれらが抜けている可能性がございます。

停滞している方は、ぜひ今一度ポイントを見直して停滞期を乗り越えていきましょう。

では、停滞あるあるを以下に載せていきます。 

1.カロリー不足

1日に必要のあるカロリーがあることはご存知ですか?
基礎代謝をはじめとして、人間は必ず寝ている時も立ち止まっている時もカロリーを利用しながら生きております。ただ、これらの必要とするカロリー量は、身長や性別、体重や筋肉量など個人差により大きく異なります。
これらの1日に必要なカロリー量を見誤り下回り過ぎると、体脂肪の燃焼が弱まり停滞を引き起こす原因となります。
まずは目安と致しまして、基礎代謝以上のカロリー摂取は必要になります。もし、基礎代謝よりも低いカロリー量の食事でなければ脂肪が燃えていかない場合は、焦らず一度脂肪燃やすためのエネルギーを取り込み再び脂肪燃焼に持っていきましょう。

2.ビタミンミネラル不足

ビタミンやミネラルは軽視されやすい栄養素でございます。人間は主に三大栄養素からカロリーを摂取し、身体を動かします。ただ、これらの栄養だけでは、円滑にエネルギーが使われず脂肪燃焼も行いにくくなります。
ビタミンミネラルは、ブロッコリーやほうれん草などの緑黄色野菜やキノコ類に豊富に含まれおります。ただ、実際には野菜に含まれるビタミンミネラルは微量であり、お肉の赤身や魚などから摂取することが効率的です。

3.腸内環境の悪化

タンパク質がメインのお食事になりますと、腸内環境が荒れやすく、便秘になる恐れがございます。
便秘改善には、水溶性食物繊維をお取り入れ致しましょう。水溶性食物繊維は、こんにゃくやキノコ類に豊富に含まれております。

4.睡眠不足

寝ている間にもエネルギーは利用されており、糖質の代謝などが行われております。睡眠時の代謝具合は前日の夜から翌朝にかけての体重の上下や便秘や集中力具合から推測できます。一般的に言われている理想の睡眠時間は7.5時間と言われております。
また、5時間睡眠など睡眠の時間が短くなりますと、7.5時間睡眠のときと比べて糖質の代謝が30〜40%低下いたします。
お仕事がお忙しい方ですと、睡眠時間を削ってしまいやすいですが、ボディメイク期間中は睡眠時間を削りすぎないように心掛けましょう。

5.体温が低い

体温は1℃上がるだけで約180kcal程代謝が上がります。
特に女性の方に多いですが、冷え性なども代謝を落としている原因になります。また、デスクワークの方は身体を動かす機会が極端に少ないため、血流は鈍く体温低下がしやすい状態です。 血流が悪くなり体温が低下すると、肩こりやむくみの原因にも繋がります。慢性的な頭痛が起こりやすい方にも当てはまります。
これらを解決するためには、体温を上げる必要があり、血流を良くすることが必要になります。
お勧めは、身体を動かす頻度を増やすことが効果的です。ただ、忙しい方には、生姜スープや香辛料などを料理に取り入れていただくのも一つの方法になります。

この中に当てはまることはございませんでしたか?
もし当てはまることがございましたら、実践してみましょう!

それでは次回もまた宜しくお願い致します。

関連記事

  1. 猫背にお悩みの方へ

  2. プロテインを飲むタイミングっていつ?

  3. 失敗しやすいダイエットの特徴3選

  4. 脂肪が燃えやすい有酸素運動のタイミング2選

  5. くびれの作り方

  6. 足だけ痩せないホントの理由を教えます〜part3〜